高齢出産は昔はなかったのか?


高齢出産は現代だけ?

最近は、卵子の老化が叫ばれ、高齢出産ではちょっと産めないのか?という風潮もちょっと感じたりします。

お客様も「もうこの年令だし・・・」とおっしゃられる事があります。

果たして、昔は高齢出産はほぼなかったのでしょうか?

今、「卵子の老化の真実」をいう本を読んでいますが、そこに書かれている事が興味深いので紹介します。

私達の母親世代(私は団塊世代ジュニアです)は、22~26歳ぐらいで産む事が多かったようです。
そしてだいたい2人ぐらい産んでる人が多いように思います。

しかし、それよりもっと以前(団塊世代より前の世代など)はどうでしょう?

実は産むのを止めるすべを持ってない時代(避妊法が普及していない)では、けっこう高齢出産をしているそうです。

ま、13人も14人も産んでいたら、最後の子は45歳ぐらいになってもおかしくないでしょう。

大正時代には45歳以上の高齢出産が1万5千人以上いたという統計が出ています。

50歳以上で産んだ人も3000人以上いたそうです。

なので、今妊活中の方で
「私がこの年齢で産んでちゃんと育てられるのかしら?」
って疑問は、なんとかなりそうですね。

なので「いったいいくつまで妊娠は可能なのか?」というのは、個人差も大きいので、ネットで必死になって調べる事はないのかもしれない・・・と思いました。

20代が妊娠しやすいのは、紛れも無い事実ではありますが、40代後半でも産む人は産むという事です。
中には50歳でも産めるパワーのある方もいる(いた)という事です。

人それぞれと言ってしまえば、無責任な風に思われるかもしれませんが、事実なんですよね。

今、できる事をやっていく。

それが大切です。

先を悩んだり、過去を悔やんだりは、今を生きていません。
この事実を踏まえて「今」を生きましょう(^^)

★子宝カウンセラーのいる店 サツマ薬局(ご相談は予約制)
●漢方のサツマ薬局 総本店 0120-159-900(子宝相談)
●漢方のサツマ 花隈店 0120-645-554(耳鳴り相談)
定休日:日・祝・盆・正月
神戸市 西元町駅・花隈駅より徒歩2~5分
umieより徒歩10分
宇治川商店街 ジョイエール向かい


カテゴリー: 子宝 パーマリンク