殿様が巻いているあのハチマキはな~んだ?

美容
132379_s.jpg

殿様が紫色のマチマキを巻いているのをご存知ですか?

よく時代劇などで(最近は時代劇はテレビでやってない??)見る事があると思うのですがどうでしょう?
もしかして、若い子は知らない?!


実は、あれは
「病鉢巻」と呼ばれてるそうで、結び目が左側が正しいそうです。
(右側だと歌舞伎の助六で粋な演出となります)

魔除けの何かかなぁと思っていたのですが、あれを巻いていれば病人のしるし。

いわば
「病人フラグ」ですね。

あの紫色は、紫根を染料として使っているからだそうです。

紫根には、抗炎症・解毒・解熱の薬効があります。
頭に巻けば、症状が和らぐであろうと考えられてたようです。

なので、時折チョロッとそのハチマキを舐めたとか・・・。


そして、その「紫根」ですが、ちょっと前にそれで化粧水を作ってつけると美肌になるとブームになり、売り切れましたよね(^^)

3年ほど前でしたか・・・。


この前、休みの日にヌボ~っとワイドショーを見ていましたら、美人女医さんが薦めるスキンケアなる物を紹介していました。

「美人」「女医」とかって、みんなが興味を引くキーワードなんですね(^^)

その中に、かかとのスキンケアで、紫根入りの「紫雲膏」を薦めているドクターがいました。

かかとのカサカサが取れていいし、生薬だから安心って言ってました。


こんな使い方をする人もいるんだなぁと関心しました。

普通は、皮膚病やあかぎれ、痔、ヤケドなどに使うので、スキンケアとは「ほほぉ~」って感じです。

ちなみに入っているのは、
紫根、当帰、ごま油、蜜蝋、豚脂です。

数少ない漢方の塗り薬です。

ステロイド剤みたいな重大な副作用は、あまり報告ないですが、何せごま油が入っています。


く・さ・い・・・です(-"-)。



ま、かかとでしたら、あまり関係ないですね(^^)


サツマ薬局にも置いております。

紫雲膏(商品名はジュンキコウとなっています)

ジュンキコウ

サツマ薬局 子宝カウンセラーの小室でした。