女性は、子宮でものを考える!

ニュース

こんにちは。

サツマ薬局  の新井です。


えべっさんに行って来ました。

初めて行きました。
 
こんなお守りがあります。


DSC_0295.jpg 
 
福の種
 
こん中に、もみが入ってます。

お財布に入れておくと

お金に困らないそうです。
 
福の種の由来

 昔、疫病が流行した時、
神殿の神像が口にモミをくわえているのを見つけ、
このモミを神から授かった「福の種」として田にまいたところ、
たちまち疫病がおさまったそうです。
それ以来、毎年福の種をまいて除災招福、
金運を祈願し、収穫したモミを福の種として授与していました。
 


DSC_0293.jpg 




えべっさんと言えば、
西宮神社 が有名ですね。
 
12月に行った子宝カウンセラーの会 で、
森山先生がこんな事を言ってました。
西宮神社 の福男選びを、
受精に例えていました。
 
 
3000人の勇士(精子)たちが、本殿(子宮)に向かって
走り、一番に待ち構えている神主に抱きつくことができた(受精)方が、
その年の福男となる行事です。
 

DSC_0196.jpg 
 
 
おぅー
うまいこと言うなぁ。

と思いきや、実は、お宮さんは、女性の身体をもとに作られているんですって。
 
女性外陰部→鳥居
 


DSC_0197.jpg 


産道→参道
子宮→お宮
 


DSC_0199.jpg 
これは、お宮さんの中の神さんかな?
 


DSC_0200.jpg 
 

DSC_0201.jpg 

これが、神主さんとその年の福男が、
まさに抱きつくところだね。
森山先生のお話を聞いてから、

神社にお参りする時、
今までと違う思いとなりました。
 
レポートにも書いた事ですが、

女性は、子宮でものを考える とよく言います。

子宮には、神さん がいるからなのかもしれませんね。
 
 
 
男性諸君、
 
女性の直感をあなどってはいけませんよ。(笑)
オホッホホホー