便秘症が原因で起こる病気

病気が原因で起こる便秘症

・甲状腺機能低下症(橋本病)
・過敏性腸症候群(IBS)
・尿路結石(腎臓結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石)
・自律神経失調症
・子宮筋腫
・膠原病(強皮症)
・卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)
・切れ痔・イボ痔
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍
・大腸がん

過敏性腸症候群

ストレスが脳や腸の神経に伝わって、腸の蠕動運動などに異常をきたして下痢や便秘を繰り返す症状で、稀にクローン病などが隠れていることもあります。 近年、朝の通勤や通学の電車の中で急に便意や激しい腹痛をもよおて電車を降りて駅のトイレに走る人や、会議で自分の発言が近くなるとトイレに行きたくなるという人が増えています。

これは、『過敏性腸症候群』という腸の知覚過敏や消化管の運動異常(ストレスは憎悪因子の一つ)が原因で起こる腸の異常で、思春期から成人にかけて、男性にやや多く見られます。

腸の働きが激しくなって下痢をしたり、逆に働きが鈍くなって便秘をしたりします。 また、腸の神経の知覚を過敏になっているので、食事などで腸管が広げられると腹痛が起こることもあります。

過敏性腸症候群の3つの種類

下痢型

食事によって蠕動運動が誘発されやすく、おもに下痢を繰り返す

混合型

下痢と便秘を繰り返す

便秘型

食事によって蠕動運動が誘発されず、上行結腸に収縮が起こり、主に便秘やコロコロ便などを繰り返す

便秘症が原因で起こる病気

・痔
・腹痛
・アレルギー
・ニキビ
・吹き出物
・疲労
・倦怠感
・体臭
・口臭
・動脈硬化
・大腸がん
・大腸ポリープ
・腸閉塞

便秘症と肌荒れ・ニキビ

便秘症になると肌荒れやニキビ、くすみなどの肌トラブルに繋がりやすいと言われています。

お肌と腸は密接な関係にあり、「肌は内臓の鏡」と言われています。 便秘になると腸内に溜まった老廃物が有害物質を生み、その有害物質が腸壁から吸収され、それらが血液によって体内を巡っていくため、ニキビや肌荒れに繋がるのです。 便秘は美肌の大敵です!

便秘症と体臭・口臭

口臭、体臭の原因は腸の健康と深い関係があります。 特に、『善玉菌』と『悪玉菌』が影響しています。

便秘になると、『悪玉菌』が優勢になります。(※善玉菌と悪玉菌を参照) その『悪玉菌』がアンモニアやメチルメルカプタンという有害ガス(このガスが、肛門から出るとオナラです)を発生させ、この有毒ガスは腸壁から血液中に取り込まれて、全身に運ばれます。 血管から肺に入れば口臭となり、汗腺から出れば体臭となります。

症状一覧に戻る