便秘症とは

便秘症の症状

腸の機能が低下したり、腸内でトラブルが起こることで何日も便意をもよおさなかったり、 便意があっても便がスッキリ出なかったりすることが便秘症です。

つまり、便秘症かどうかは何日間、便が出ないかで決まるのではなく、便が固くて出にくかったり、便が出ないことで苦しかったり、気持ち悪かったりする状態にあるときのことを便秘症といいます。したがって、毎日便が出ていても、残便感があったりすれば便秘症の範囲といえます。

また、サツマ薬局では、「3日以上便が出ていない状態」とお悩みの方を”便秘症”と定義し、に当医局の「楽々するり温茶」をおすすめさせていただいております。

便秘症のタイプ

便秘症の種類は「器質性便秘」と「機能性便秘」の2つに大別されます。

器質性便秘とは

器質性便秘とは、何らかの病気の影響で胃や小腸、大腸、肛門などに異常が起きていて それが原因になって起こる便秘症のことです。

特に器質性便秘の原因になりやすい病気は 大腸がんや腸閉塞、子宮筋腫 などが考えられます。このタイプの便秘症の場合、吐き気、激しい腹痛、発熱、血便などの症状が出ることがあります。すぐに病院へ行くことをおすすめします。

機能性便秘とは

一般的によく便秘といわれているのは、機能性便秘です。機能性便秘とは、食生活や生活習慣が原因で引き起こる便秘症のことで、原因を解明して改善すればすぐに治る場合もあります。

また、機能性便秘症の中でもさらに、「一過性便秘」と「習慣性便秘」の2種類の便秘に分けられます。

一過性便秘

「一過性便秘」とは、旅行や引っ越し、進学・就職などで生活環境が変わった時や、精神的な緊張や悩みを抱えているときなどに一時的に起こる急性の便秘症のことです。

習慣性便秘

「習慣性便秘」は、大腸の働きが持続的に低下することで起こる慢性の便秘症のことをさします。

さらに、「習慣性便秘」には、「弛緩性便秘」「直腸性便秘」「痙攣性便秘」の3つのタイプがあります。

弛緩性便秘

「弛緩性便秘」とは、大腸の筋肉が緩んだままになり、大腸のぜんどう運動が弱いため起こる便秘症です。

痙攣性便秘

「弛緩性便秘」とは逆に、大腸が緊張したままになり、蠕動運動が強すぎて痙攣を起こし便を送り出せなくなるのが「痙攣性便秘」です。

直腸性便秘

「直腸性便秘」は、直腸の神経が鈍くなり、蠕動運動が始まらず、便意が起こらない状態です。

症状一覧に戻る