更年期障害の原因

更年期障害の原因

更年期障害の原因はエストロゲンの減少

西洋医学では、エストロゲンが減少することによって女性としての身体のバランスが崩れてしまい、それが原因となって辛い症状が現れると考えられています。

ホルモンが減ることは悪いことではない

ただし、ホルモンが減ることは悪いことではありません。

女性ホルモンの減少は「全ての女性に等しく起こります」が、更年期を迎えても辛い症状が出ない人もおられます。

辛い症状が出てしまう方は、ホルモン変化に身体が付いていけないのです。

このホルモン変化に付いていけない身体に対しホルモンを補う治療を行うのが病院の薬物療法です。

症状一覧に戻る