完璧主義にならない事


80点で

100点を目指さない。

妊活カウンセリングの時に、時折こういう事を私は言います。

生活指導をあれやこれやと言ってるクセに、「100点を目指さない」って事は、「言われた生活指導を守らなくていいんですか?」って矛盾してると思われてしまいますが、少し違います。

100点満点を常に取ろうと頑張る人は、それができないと「わ~っ」て嫌になってしまったり、「もう、何を食べたらいいかわかりませんっ」ってなってしまう方がおられるからです。

 

なるべく体温より冷たい物は食べないとか、マーガリンやファーストフードとかのトランス脂肪酸は食べないよう心がけるとか、甘いものは控えるとか、旬の物をなるべく食べて下さいというような事なんですが、気持ちが追い詰められてしまう方もおられます。

とっても真面目な方だと思います。

もちろん甘いものも全く食べないで・・・という事ではありません。
なるべく控えてねって事です(^^)

 

友達との付き合いもありますよね。
トランス脂肪酸を使っているチェーン店の居酒屋さんに行く事もあるかと思います。

時々だったらOKです。

100点を目指してしまう方は、その時に

「あ~、これを食べてしまった。もう駄目だ~」

と思ってしまったり。

「食べてしまったら、妊娠できない」

と追い詰められて、絶望的になってしまうことも。

 

食事がすごいストレスになっては元も子もないですよね。

だったら80点で。

 

できなかった事ばかりピックアップしなくて大丈夫

今までの自分より、ずっとよい食事をすればOKです。
できなかった点ばかり着目しないでくださいね。

誰かが罰を与えるようなイメージを持って食事をするのは良くないですよね。

「これに気をつけて食事を選べば、身体が元気になっていく♪」

というポジティブなイメージで取り組まれるとずっと良いです。

 

プラセボ効果というのがあります。
簡単に言うと嘘の薬を飲んでも、「あの薬、とても効きました」と思い込み、体調が良くなる事があります。

いわゆる【思い込み】ってヤツです。

良い思い込みもあれば、逆に悪い思い込みもあると思うんです。

「これを食べたら身体が悪くなる~、悪くなる~」って悩みながら食べたら、そんなに悪い物でなくても、身体の調子が悪くなるって事あるんじゃないでしょうか。

そういう悪い事は一番避けたいところ。

「食事に気をつけたから、健康貯金が増えてる」

そんなイメージを持ってもらって、100点ではなく80点ぐらいをクリアするつもりで、すぐに答えを求めずじっくり取り組んでもらえたらなぁと思ってます。

野菜

あのモデルさんがキレイで美しいのは、生活に気をつけて身だしなみにも気をつけて姿勢にも気をつけているから。

あのスポーツ選手が輝いているのは、みんなが遊んでいる時にも厳しい練習をしているから、食事にも気をつけているから。

いつもより、少し厳しいけどガマンをすると少し前進できる。
少しだけ踏ん張れば、ポイントが増える。

そんな感じのイメージでコツコツやっていければいいですね。

 

★子宝カウンセラーのいる店 サツマ薬局(ご相談は予約制)
●漢方のサツマ薬局 総本店 0120-159-900(子宝・妊活相談)
●漢方のサツマ 花隈店 0120-645-554(耳鳴り相談)
定休日:日・祝・盆・正月
神戸市 西元町駅・花隈駅より徒歩2~5分
umieより徒歩10分
宇治川商店街 ジョイエール向かい


カテゴリー: 子宝, 治療のこと タグ: , , パーマリンク