気血水の話『気』


私のカウンセリングでよく「気血水(きけつすい)」の話をします。

漢方理論で身体を見ると「気」「血」「水(津液)」の3つでできていると考えています。

これが適量でいい感じ~で身体を巡るのが、本人にとってベストバランス!

気血水

この3つは相互に助け合いコントロールしながら全身を巡り身体を維持しています。
これらのバランスが崩れると、身体の不調がおこると考えられてます。

また、「気」は『陽』
「血」と「水(津液)」は『陰』
にわけることができます。

『陽』は人体の生理機能を、『陰』は栄養滋潤作用を持ってます。

「気」は元気とか英気を養うとか言うように「生命エネルギー」です。

 

「気」の具体的な働きは5つあります。

・推動作用
ものを動かす働き
例えば、血液循環や新陳代謝などを促進する働きです。

・温煦作用
からだを温める働き
身体を温め、体温を正常に保つ働きです。

・防御作用
外邪の侵入をふせぐ働き
身体の外表面を守り、外部からの邪気の侵入を防ぐ働きのこと。

・気化作用
ものを変化させえるはたらき
血や水の生成と水の代謝及び汗や尿への転化をコントロールする働き。

・固摂作用
過剰な排泄・出血を抑え、内蔵の一を保つ働き
血、汗、尿などが漏れる、あるいは下垂するのを防ぐ働き。

「血」と「水」についてはまた今度書きたいと思います。

★子宝カウンセラーのいる店 サツマ薬局(ご相談は予約制)
●漢方のサツマ薬局 総本店 0120-159-900(子宝・妊活相談)
●漢方のサツマ 花隈店 0120-645-554(耳鳴り相談)
定休日:日・祝・盆・正月
神戸市 西元町駅・花隈駅より徒歩2~5分
umieより徒歩10分
宇治川商店街 ジョイエール向かい


カテゴリー: 漢方・中医学の話 パーマリンク