高齢出産とか妊娠について教育が始まってます


自分のカラダについて知ること

もう一ヶ月前になりますが、不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座を受けにいきました。

そこでは、子どもの数はなぜ減り続けるのか、人々はどのような情報を求めているのか、我々はそれをどう伝えればよいのか?をテーマに話を聞きました。

 

卵子の老化という事実を「知らなかった」というアラフォー世代は多いものです。

 

教育の不足が「子供を欲しいのにつくれない、産めない」状況に影響しているんでは?と思っていましたが、そこを今は改善しつつあるようです。

かと言って、市町村がする妊活教育などになかなか行けない方も多いかと思います。

ちなみに妊活だけじゃなくて、私達は思春期の事も更年期の事も知らない事が多いのではないでしょうか?

なんとなくのテレビの情報に惑わされたりしてる事もあると思います。
(テレビが悪いとかではないですよ)

 

この養成講座でなかなか良い手帳が紹介されてました。

自分のカラダがどうなるって事を知るのに良い冊子でした。

 

よく「閉経ってだいたい何歳?」と質問を受けるのですが、そんな疑問にも答えてくれてます。

男性の事(男性の更年期生姜など)も載っています。
120ページほどもあるなかなかボリュームのある冊子です。

↓ネットで見ることができますので、気になった方はチェック!

女と男のディクショナリー

日本産婦人科学会からの健康手帳
「Human+女と男のディクショナリー」

PDFファイルですので、パソコンでさくさく見れますよ。

 

★子宝カウンセラーのいる店 サツマ薬局(ご相談は予約制)
●漢方のサツマ薬局 総本店 0120-159-900(子宝・妊活相談)
●漢方のサツマ 花隈店 0120-645-554(耳鳴り相談)
定休日:日・祝・盆・正月
神戸市 西元町駅・花隈駅より徒歩2~5分
umieより徒歩10分
宇治川商店街 ジョイエール向かい

松寿仙の正規取扱店です。


カテゴリー: スタッフの日常 タグ: , パーマリンク